2019年秋:ムンバイ・ドバイ旅行記 (4)

==ムンバイ・その4==

【フリー・ムンバイ】

いつもは誕生日翌日に発つパターンだが、今年はムンバイ入りが1日遅いせいもあって翌日も滞在することに決めていた。本当は支部長Kさんと1日デート…のつもりだったものの、残念ながら独りで過ごさなければならない。

*ホテルに籠ってTV三昧
*ショッピングモールで買い物三昧

など考えていたが、あいにくTVは朝からいかにも日曜テイスト(ニュース100連発!みたいな内容でビシバシ伝えてくれるあちらのニュースが好きなのだが、まったりとしたドラマが放送されていたりで、なおかつ誕生日の翌日だけにキング映画も朝からはやっていなかった)。そしてサルマンの店があったりで居心地が良かったショッピングモールは、行きは良くても帰りに無事に車を捕まえられるかどうか自信がない。結局、

*近所の海岸沿いをぶらぶら散歩

を実行に移すことにして、12時頃にホテルを出発した。

散歩と言うと聞こえは良いが11月のムンバイは9月の大阪並に暑い。大阪ならそんな時期のまっ昼間から外を散歩などあり得へんやろ、というくらいには暑い。それでもムンバイの日曜の昼下がりは、純粋にアラビア海を楽しんでいるような家族連れやカップル達の側で洗濯をしたり鍋で何かを煮炊きしている「住民」の皆さんもいて相変わらずの賑わいだった。

(気温からすればこの寝姿が正しいとは思う)
DSC_0127.JPG
もちろんマンナット前は誕生日後も人だかりなのが海岸沿いからも見て取れた。途中で低学年の子供達が乗ったスクールバスめいたものとすれ違ったら、中の子供達が「あれはシャー・ルク・カーンの家だ! わあいシャールク~!!」と大はしゃぎながらマンナットに手を振っていて、ファン層の厚さを目の当たりにした。

海岸沿いは綺麗に舗装されていて、隣の道路を見なければどこのリゾート地ですかというクリーンさ。ところどころにベンチがあり、無料のジムまで設置されている。朝晩に犬の散歩をするのに持ってこいの道である。

(散歩道にジムとは合理的である)
DSC_0125.JPG
(ところどころにこのような彫刻もある)
DSC_0128.JPG

*それで思い出したが、誕生日当日のイベントからの帰り道、黒い犬を連れた制服姿の女の人とすれ違った際に「あれはSRKの家の犬よ。お手伝いさんが散歩させてるの」とスイス支部の人が教えてくれた(くわしいなスイス支部)。写真を撮る余裕が無くて残念なことをした。

散歩道の端までたどり着いた後は道路沿いに、前も通りがかったキング御用達のMehboob Studio近辺を散策。でもふらりと立ち寄れるようなお店もないので再び散歩道に戻り、今度はもう一方の端、Bandra Fortまで歩く。

(地図でいうと赤線部分を小一時間ほどぶらぶらした)
bandra.JPG
タージよりも更に南へ歩ききったところにあるこの砦(fort)、Raju Ban Gaya Gentlemanで若キングがジュヒーさんと語らっていた場所だと思うのだが(見返していないので定かではない)、見晴らしは抜群だった。



*結局この散歩だけで外出終了、あとはホテルの部屋でKalankやキング映画(Hum Tumhare Hain SanamとKaran Arjun)を見たりしてのんびり過ごす(通常運転)。

この記事へのコメント